お互いに協力し合わないと成り立たない職業は数多くあります。
ほとんどの職業が、お互いの協力なしではある一定の成果までは出せても、それ以上は期待できないかもしれません。
販売職でも販売員と顧客との相性が合えば、売り上げに繋がります。
どうしても人間同士のことですから、このような相性というものが顕著に出てしまうことがあるようです。
顧客と販売員といった例を出しましたが、この相性というものは同じ職場の同僚でもあります。
もちろんサークル活動や遊びで仕事をしているわけではありませんから、多くの場合、相性が合わない相手とでも折り合いをつけながら業務を遂行していると思います。
ですがどうしても表に出してしまう人もいます。このような人が1人でもいると、職場のチームワークが乱れたり揉め事が起きたり、スムーズに業務が進まないことがあります。
一般職でもこのような状況になると、それぞれのストレスになって業務ミスを起こしてしまうことがあるのですが、医療関係でも同じようなことが起こるようです。
多く聞くのは看護師同士の問題だそうです。少数の看護師の間で起きた些細なことが、大きく他の人にも影響を与えることも少なくありません。
人にはそれぞれタイプがあって、職場での付き合いとプライベートとを切り離して考える人もいれば、プライベートでも職場の人と過ごしたいと考える人もいます。
ここで大切なのはお互いに「別の人格である」という認識を持つことです。
これは看護師の間だけなく、看護師と医師の間でも起こり得る問題でもあります。
参考サイト<<沖縄在住カウンセラーの『なんくるないさ~』>>
特に看護師を尊重しない医師もまだまだ多い世界でもありますので、問題がなくなるには相当な時間が必要だろうと思われます。
新しい医師が新しい教育を受けて、看護師と医師との新しい関係を理解し、実行しながら変革を進めていくのが最良なのかもしれません。

Comment now!
















Trackbacks